ビートルズをつくった男、ブライアン・エプスタインの生涯が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月28日 > ビートルズをつくった男、ブライアン・エプスタインの生涯が映画化
メニュー

ビートルズをつくった男、ブライアン・エプスタインの生涯が映画化

2009年8月28日 12:00

[映画.com ニュース] ビートルズを発掘し、世に送り出した男として知られるバンドの初代マネージャー、ブライアン・エプスタインの生涯が映画化されることになった。

米バラエティ誌が報じたもので、新鋭トニー・ギッテルソンが執筆した脚本「A Life in the Day」の映画化権を、プロデューサーのデビッド・パーマット(「フェイス/オフ」「隣人」)が取得したとのこと。パーマットは現在ほかにも、自動車開発者で実業家のジョン・デロリアンや、コメディアンのサム・キニソンに関する伝記映画を準備中だという。

エプスタインは、父親がリバプールで経営する電気店の従業員としてレコードを売っていた頃、クラブ「キャバーン・クラブ」で演奏していたデビュー前のビートルズと出会う。その後、レコード各社への売り込みに奔走し、EMIのジョージ・マーティンとの契約を取り付け、62年からバンドのマネージャーとして活躍するが、67年、薬の過剰摂取により32歳で死亡。事故死と断定されたが、自殺だったのではないかという説も根強くある。

今年はまさにビートルズ・イヤーの様相を呈している。9月9日に全アルバムのリマスター盤が全世界で同時リリースされるほか、人気ビデオゲーム「ロックバンド」ビートルズ版の発売、また映画企画としては、ジョン・レノンの伝記映画「Nowhere Boy」もイギリスでクリスマス公開を予定、さらに先頃、ディズニーとロバート・ゼメキス監督が「イエロー・サブマリン」をリメイクすることが発表された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi