ジャック・ライアン新作を、有名脚本家がリライト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月4日 > ジャック・ライアン新作を、有名脚本家がリライト
メニュー

ジャック・ライアン新作を、有名脚本家がリライト

2011年5月4日 11:12

ジャック・ライアン・シリーズ最新作を 執筆するデビッド・コープ「スター・トレック」

ジャック・ライアン・シリーズ最新作を
執筆するデビッド・コープ
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリス・パイン主演のジャック・ライアン・シリーズ最新作の新脚本家として、デビッド・コープが起用されたとDeadlineが報じた。

同作は、ベストセラー作家トム・クランシー作品に登場するキャラクター、ジャック・ライアンを主人公にした人気シリーズの最新作。第4弾となる最新作は、ライアンがCIAアナリストとなるまでを描くプリクエル(前章)となる予定で、主役には「スター・トレック」のカーク船長役でブレイクしたクリス・パインが決まっている。

当初は、「スター・トレック」の続編撮影が始まる前にクランクインする予定だったが、脚本の遅れから製作延期が発表されたばかり。コープは、「スパイダーマン」や「パニック・ルーム」を手がける人気脚本家であると同時に、「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」や「メン・イン・ブラック3」など、難航した映画企画をまとめる“仕上げ屋”としても知られている。

なお、同作の監督は人気テレビシリーズ「LOST」の演出家として知られるジャック・ベンダーが務める。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi