「ハングオーバー2」監督に動物愛護団体が猛抗議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月19日 > 「ハングオーバー2」監督に動物愛護団体が猛抗議
メニュー

「ハングオーバー2」監督に動物愛護団体が猛抗議

2011年4月19日 11:15

共演したサルがタバコ中毒に「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

共演したサルがタバコ中毒に
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」や「デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断」などヒットコメディを手がけるトッド・フィリップス監督が、動物愛護団体PETAから猛抗議を受けていると告白した。

ハリウッド・レポーター誌によれば、新作「ハングオーバー2(原題)」に出演するサルに喫煙させたことが原因だという。「サルにタバコを吸わせたかったんで、訓練をしたんだ。そうしたら、そのサルがタバコ中毒になってしまったんで、PETAがかみついてきた。そのサルは今、キャメロン・クロウ監督の新作『We bought a Zoo』に出演しているんだが、タバコを止められないというんだよ」

「ハングオーバー2」は、前作のラスベガスから舞台をタイに移し、記憶をなくした男たちの珍道中を描く。問題のサルは重要な役割を担っているようで、予告編にも登場している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi