ハリウッド名撮影監督もデジタルシネマに移行 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月15日 > ハリウッド名撮影監督もデジタルシネマに移行
メニュー

ハリウッド名撮影監督もデジタルシネマに移行

2011年4月15日 19:20

デジタルシネマへ移行したロジャー・ディーキンス

デジタルシネマへ移行したロジャー・ディーキンス
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッド映画の本格的なデジタルシネマへの移行が、いよいよ加速する時期に差し掛かったかもしれない。

これまでも、デビッド・フィンチャー監督やスティーブン・ソダーバーグ監督のような一部の先進的な映画監督がデジタルシネマを採用してきたが、3D映画以外のハリウッドのメジャー作品では、まだフィルムが主流だ。デジタルシネマは安価で便利だが、フィルムの豊かなクオリティには必ずしも匹敵しないというのがハリウッドの共通認識だった。

しかし、ハリウッド・レポーター誌によれば、アカデミー賞に9度もノミネートされている名撮影監督ロジャー・ディーキンスが、ついにデジタルシネマに移行したという。コーエン兄弟のほぼすべての作品を手がけている名カメラマンで、これまで一貫してフィルム撮影を支持してきたが、アンドリュー・ニコル監督の新作「ナウ(原題)」からデジタルシネマに移行したという。きっかけは、映画機材メーカーとして長い歴史を誇るARRIが一年ほど前に発売したデジタルカメラALEXA(アレクサ)との出合いだという。ALEXAはRAWデータで収録できるのが特徴で、そのクオリティはフィルムを凌駕(りょうが)しているという。

サム・メンデス監督がメガホンをとる「007」最新作でも、このカメラを採用する予定だといい、ハリウッドの重鎮が「改宗」したことで、デジタルシネマ化が加速するのは間違いない。

007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 生誕50周年を飾り新たな幕開けを描いたシリーズ第23作。『アバター』を超え全英歴代No.1に輝いた究極のスパイ・アクション!
ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] 最安価格: ¥1,000 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、デヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi