「サッカーを愛する人にできること」チャリティ上映会が開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月14日 > 「サッカーを愛する人にできること」チャリティ上映会が開催
メニュー

「サッカーを愛する人にできること」チャリティ上映会が開催

2011年4月14日 11:16

チャリティ上映会鑑賞料を義援金として寄付

チャリティ上映会鑑賞料を義援金として寄付
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3月11日の東日本大震災を受け、サッカーファン有志の活動「Football saves Japan」が発足した。「サッカーを愛する人にできること」をテーマに、募金活動をはじめとした被災地支援活動を実施。4月12日時点で、1万人以上のメディア関係者や個人、200団体以上のメディア、サポーターグループが賛同している。

このほど、映画とサッカーの魅力を伝えるために設立されたヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会も、同活動に賛同した。震災直後にアンディバティアール・ユスフ監督から申し出があり、3月27日から「ロミオ&ジュリエット フーリガンの恋」のチャリティ上映会を実施している。

インドネシアを舞台に、対立するサポーターグループの男女の恋を描く同作は、2月19日に開催されたヨコハマ・フットボール映画祭2011で上映された。

今後は4月15日に東京・虎ノ門のフォレスタ虎ノ門、17日に東京・恵比寿のFooTNiK Ebisu、21日に東京・人形町のBase KOMで上映予定。同活動の鑑賞料の全額または一部は、日本赤十字社などを通し義援金として寄付されるという。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi