米裁判所、浮気報道に対するベッカムの訴え棄却 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月15日 > 米裁判所、浮気報道に対するベッカムの訴え棄却
メニュー

米裁判所、浮気報道に対するベッカムの訴え棄却

2011年2月15日 14:54

コールガールとの不貞行為を報じられたベッカム

コールガールとの不貞行為を報じられたベッカム
写真:Action Images/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米連邦裁判所は2月14日、米ゴシップ誌イン・タッチに対するデビッド・ベッカムの訴えを退けた。昨年9月、高級コールガールを自称するイルマ・ニッチが、同誌にベッカムと関係を持ったと告白。これを完全否定するベッカムが、名誉毀損で同誌を提訴、2500万ドルの賠償金を要求していた。

同裁判所判事は判決の理由として、ベッカムの弁護団が、同誌が悪意を持って記事を出版した証拠を提出しなかったことをあげている。また同判事は、ベッカムは著名な人物であり、どのような不貞行為の疑いも大衆の関心事になり得ると述べた。これに対してベッカムの弁護側は、上訴して今後も争う構えを見せている。同誌側はコメントを出していない。

記事が掲載されたのち、ベッカムと妻ビクトリアは一時、離婚の危機にあると騒がれたが、ふたりは各メディアに対し不仲説を一蹴していた。夫妻は1月に、今夏に第4子が誕生する予定であることを発表したばかり。ベッカムは3月から、MLS(米メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーでの最後のシーズンを迎える。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi