声優ユニット「スフィア」の着ボイス、劇場入場者10万人に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月1日 > 声優ユニット「スフィア」の着ボイス、劇場入場者10万人に
メニュー

声優ユニット「スフィア」の着ボイス、劇場入場者10万人に

2011年4月1日 13:05

“エンジェル”の吹き替えはスフィアにおまかせ!「スフィア」

“エンジェル”の吹き替えはスフィアにおまかせ!
(c) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ザック・スナイダー監督の最新作「エンジェル ウォーズ」の劇場入場者特典として、人気声優ガールズユニット「スフィア」のキャラクター着ボイスが、先着10万人にプレゼントされることが決定した。

スフィアは、「けいおん!!」の寿美菜子豊崎愛生、「機動戦士ガンダム00」の高垣彩陽、「イナズマイレブン」の戸松遥の4人で構成された声優ユニット。同作で、スフィアとして初の試みとなる実写ハリウッド映画の日本語吹き替えを務める。

主役のベイビードール(エイミー・ブラウニング)の吹き替えは寿が担当。高垣はアンバー(ジェイミー・チャン)、戸松はロケット(ジェナ・マローン)、豊崎はブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)を演じる。特典の着ボイスは、4人が演じたキャラクターにちなんだ言葉が収録されている。

特別映像では、スフィアの4人が台本を手に同作を紹介。精神医療施設に収容されたベイビードールたちが、空想世界でサムライ型武装ロボットやゾンビたちと死闘を繰り広げる様子がダイナミックに描かれている。日本のポップカルチャーから影響を受けた日本刀やセーラー服、忍者をイメージさせるアクションにも注目だ。

エンジェル ウォーズ」は、4月15日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi