人気声優ユニット「スフィア」が米映画の日本語吹き替え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月25日 > 人気声優ユニット「スフィア」が米映画の日本語吹き替え
メニュー

人気声優ユニット「スフィア」が米映画の日本語吹き替え

2011年3月25日 10:06

人気声優ユニットが吹き替えを担当「スフィア」

人気声優ユニットが吹き替えを担当
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気声優4人で構成されるガールズユニット「スフィア」が、ザック・スナイダー監督の最新作「エンジェル ウォーズ」日本語吹き替え版の声優を務めることになった。

スフィア」は、寿美菜子高垣彩陽戸松遥豊崎愛生の4人組で、それぞれが人気アニメの声優を務めるほか、ユニットではアニメのオープニング曲やエンディング曲を歌い、昨年は日本武道館での単独ライブを敢行。豊崎と寿は、アニメ「けいおん!!」で主役と準主役を演じ、「放課後ティータイム」名義でCDを発売、アニソンアイドルとしてブレイクした。

同作は、精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつくり出したバーチャル世界で、仲間たちと自由を勝ち取るための戦いに身を投じていく姿を描くアクションファンタジー。自身の想像の世界に飛び込んだベイビードール(エミリー・ブラウニング)が、ロケット(ジェナ・マローン)、ブロンディー(バネッサ・ハジェンズ)、アンバー(ジェイミー・チャン)、スイートピー(アビー・コーニッシュ)という個性的な4人の仲間とともに、自由を手に入れるための5つのアイテムを探す旅に出る。


ベイビードールの声を担当する寿美菜子「スフィア」

ベイビードールの声を担当する寿美菜子
[拡大画像]

今回初めて「スフィア」4人で実写ハリウッド映画の声優を務める。寿は自由を求めて戦うベイビードール、高垣は気高い意思を持つアンバー、戸松は臆病なロケット、豊崎はタフなブロンディをそれぞれ演じる。主役の声を担当した寿は、「この役は大きな挑戦でもありました。こんなに女の子たちが出てくる作品は初めてでしたし、完全燃焼でこの役をやり切ることができました」と満足げに振り返った。

エンジェル ウォーズ」は、4月15日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi