映画保存協会、映画フィルム救済に関する相談窓口絵を開設 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月24日 > 映画保存協会、映画フィルム救済に関する相談窓口絵を開設
メニュー

映画保存協会、映画フィルム救済に関する相談窓口絵を開設

2011年3月24日 07:02

[映画.com ニュース] 3月11日に発生した東日本大震災を受け、映画保存協会が被災した映画フィルムなどの処置に関する相談窓口を開設した。

東京光音と吉岡映像の協力のもと、映画フィルムのほかに磁気テープ、SPレコードなど各視聴覚記録媒体の洗浄作業などについての問い合わせを受け付けている。なお、紙資料やスチル写真に関する相談および実作業は受け付けていない。

同協会の公式ホームページでは、オーストラリア国立フィルム・アンド・サウンドアーカイブや東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合による、水害を受けた視聴覚メディアやホームビデオの応急処置に関する文書を掲載している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi