日本アカデミー賞は「告白」に栄冠 松たか子&中島監督感涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月18日 > 日本アカデミー賞は「告白」に栄冠 松たか子&中島監督感涙
メニュー

日本アカデミー賞は「告白」に栄冠 松たか子&中島監督感涙

2011年2月18日 23:00

第34回日本アカデミー賞の受賞者「告白」 第34回日本アカデミー賞の受賞者
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第34回日本アカデミー賞の授賞式が2月18日、東京・新高輪グランドプリンスホテルで行われた。最優秀作品賞は、中島哲也監督がメガホンをとった「告白」が戴冠。最優秀監督賞、最優秀脚本賞も受賞した中島監督は、「この時代にこの年齢の松たか子がいなければ、この映画を撮ることはなかった。日本映画にとっても、バリエーションが広がるきっかけになるのでは」と語り、涙ぐむひと幕も見られた。

中島監督は、最優秀脚本賞を受賞直後には「これをいただくということは、監督賞はいただけないんですかね?」とジョーク交じりに語っていたが、最優秀作品賞で作品タイトルが発表された際には感無量の面持ち。「脚本賞で終わると思っていたので……。生徒役の子たちがインフルエンザにかかって、撮影が中断しそうになったこともあった。こんなにたくさんのお客さんに見ていただけて良かった」と頭を下げた。

同作で主演を務めた松はこの日、司会も務めており、最優秀監督賞発表の段階から必死に涙をこらえていた。しかし、最優秀作品賞のコールとともに大粒の涙があふれ出た。中島監督は「リスキーな暗い内容。出て得することは何もなく、CM契約が飛んでしまうような作品だったのに、果敢に挑戦してくれた」と出演者を称賛。これには、木村佳乃が「本当にうれしい。CMの1本、2本減ろうが出てよかった」と笑顔をはじけさせた。


涙をこらえる松たか子(左)とスピーチする中島哲也監督「告白」 涙をこらえる松たか子(左)と
スピーチする中島哲也監督
[拡大画像]

最多受賞は、5部門を戴冠した「悪人」。最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞と俳優賞4部門を制覇。4部門を制した作品は、第20回の「Shall we ダンス?」以来14年ぶりとなる。最優秀主演男優賞に輝いた妻夫木聡は、主演舞台「南へ」の公演のため授賞式途中で会場を後にしていた。

受賞の瞬間は、生中継された東京・池袋の東京芸術劇場で聞き「本当にありがとうございました。役者を12年間やってきた集大成として、自分を信じて演じました。李(相日)監督、(共演の)深津絵里さん、これまで支えてくれた家族のみんなに感謝したい」と感涙。最優秀主演女優賞を獲得した深津も、思わずもらい泣き。そして、「妻夫木さんと最後まで戦えたことは、大きな財産になります。あとで一緒に抱き合って喜びたい」と語った。

受賞者一覧は以下の通り。

▽最優秀作品賞:「告白

▽最優秀監督賞:中島哲也(「告白」)

▽最優秀主演男優賞:妻夫木聡(「悪人」)

▽最優秀主演女優賞:深津絵里(「悪人」)

▽最優秀助演男優賞:柄本明(「悪人」)

▽最優秀助演女優賞:樹木希林(「悪人」)

▽最優秀脚本賞:中島哲也(「告白」)

▽最優秀美術賞:林田裕至(「十三人の刺客」)

▽最優秀撮影賞:北信康(「十三人の刺客」)

▽最優秀照明賞:渡部嘉(「十三人の刺客」)

▽最優秀録音賞:中村淳(「十三人の刺客」)

▽最優秀編集賞:小池義幸(「告白」)

▽最優秀音楽賞:久石譲(「悪人」)

▽最優秀外国作品賞:「アバター

▽最優秀アニメーション作品賞:「借りぐらしのアリエッティ」(米林宏昌監督)

告白 特別価格版[DVD] 告白 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥1,982 話題作を世に送り出す奇才、中島哲也監督が、湊かなえのベストセラー小説を映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される衝撃作。
悪人 スペシャル・エディション[DVD] 悪人 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,681 ある殺人事件の犯人と彼を愛する女の逃避行、引き裂かれていく家族の姿を描く。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • GODZILLAの評論 GODZILLA リブート作品としては、非の打ち所のない完璧な出来
  • イーダの評論 イーダ 美しい構図の陰で過去が発掘され、苦痛が変容していく
  • 2つ目の窓の評論 2つ目の窓 河瀬直美監督が奄美大島を舞台に力強く描いた、死から生へと続く物語
映画評論の一覧を見る
採用情報