アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月17日 > アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ
メニュー

アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ

2011年2月17日 11:01

新作で“色彩の魔術師”に

新作で“色彩の魔術師”に
写真:Walter McBride/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アル・パチーノが、新作映画「マスターピース(原題)」で、“色彩の魔術師”と呼ばれたフランスの画家アンリ・マティスに扮することが分かった。

英ガーディアン紙によれば、同作はインド系カナダ人の女性監督ディーパ・メータがメガホンをとり、マティスとミューズだったモニク・ブルジョワとの関係に焦点が当てられる。ブルジョワは、70代に入ったマティスが当初は看護師として雇った女性で、マティスの心の支えとなり、作業の助手も務めたとされる。ブルジョワはのちにドミニコ修道会の修道女となるが、その後の再会を機に、マティスは自身の集大成的作品といわれる南仏バンスのロザリオ礼拝堂を手がけることになる。

現在のところ、ブルジョワ役の女優は未定。2005年に死去したブルジョワは、ふたりの関係はプラトニックなもので「(マティスにとって)私は孫娘かミューズのようなもの。どんなときも、とても紳士的でした」と話していたという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi