アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月17日 > アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ
メニュー

アル・パチーノ主演で画家マティスの伝記映画製作へ

2011年2月17日 11:01

新作で“色彩の魔術師”に

新作で“色彩の魔術師”に
写真:Walter McBride/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アル・パチーノが、新作映画「マスターピース(原題)」で、“色彩の魔術師”と呼ばれたフランスの画家アンリ・マティスに扮することが分かった。

英ガーディアン紙によれば、同作はインド系カナダ人の女性監督ディーパ・メータがメガホンをとり、マティスとミューズだったモニク・ブルジョワとの関係に焦点が当てられる。ブルジョワは、70代に入ったマティスが当初は看護師として雇った女性で、マティスの心の支えとなり、作業の助手も務めたとされる。ブルジョワはのちにドミニコ修道会の修道女となるが、その後の再会を機に、マティスは自身の集大成的作品といわれる南仏バンスのロザリオ礼拝堂を手がけることになる。

現在のところ、ブルジョワ役の女優は未定。2005年に死去したブルジョワは、ふたりの関係はプラトニックなもので「(マティスにとって)私は孫娘かミューズのようなもの。どんなときも、とても紳士的でした」と話していたという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi