松山ケンイチ「GANTZ」初日に熱血“仕事論”披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月29日 > 松山ケンイチ「GANTZ」初日に熱血“仕事論”披露
メニュー

松山ケンイチ「GANTZ」初日に熱血“仕事論”披露

2011年1月29日 12:51

初日舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ(右)と本郷奏多「GANTZ」

初日舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ(右)と本郷奏多
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大人気コミックを実写映画化する「GANTZ」が1月29日、全国410スクリーンで公開。主演の二宮和也松山ケンイチ吉高由里子本郷奏多夏菜山田孝之田口トモロヲ佐藤信介監督は、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で舞台挨拶に立った。

今月20日には時差を利用して日米同日舞台挨拶を敢行するなど、話題豊富な同作の初日とあって、場内は女性ファンを中心に熱気ムンムン。歓声に包まれるなか、二宮は「これからが始まり。長く愛される作品になりますよう、皆さんのお力を貸してください」。松山も「これまで自分の口から魅力を語ってきましたが、皆さんとスクリーンとのコミュニケーションでつながっていくもの」と話し、深々と頭を下げた。

この日は、全国のファンから1000通以上の質問が寄せられ、公開Q&Aが行われた。「やりたくなかったシーンはどこですか?」という質問に対し、山田をはじめとする多くのキャストが「すべてのシーンを楽しくやらせていただいた」。そんななか、松山は「基本的には一緒ですが、仕事っていうのはやりたい、やりたくないで決められるものではない。いったんやると決めたからには、やるしかないんです!」と熱く語り、喝さいを浴びていた。

劇中で、二宮と松山の目の前でヌードを披露した夏菜は「『GANTZ』に出合うまでは、仕事もプライベートもすごく悩んで辛い思いをしていた。そんな自分の存在価値がわからないときに、『GANTZ』と出合えた」と感無量。後を継いだ田口が「最年長で一番のおっさん役。まったく活躍していません」と笑わせれば、山田は「僕はすごく帽子が好きなんですが、今日かぶっている帽子、ちょっと重いんですよ」とまったく関係のない話で盛り上げていた。

同作は、「週刊ヤングジャンプ」に2000年から連載されている奥浩哉の人気漫画が原作。映画は、死んだはずの人間が黒いナゾの球体「GANTZ」に召還され、理由も分からないまま異形の「星人」との戦いを強いられる姿を前後編の2部作構成で描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ] GANTZ[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,024 GANTZ Vol.1[DVD] GANTZ Vol.1[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ PERFECT ANSWER[DVD] GANTZ PERFECT ANSWER[DVD]最安値: ¥2,864
GANTZ Vol.6[DVD] GANTZ Vol.6[DVD]最安値: ¥5,024 GANTZ[DVD] GANTZ[DVD]最安値: ¥2,203 GANTZ BOX 2[DVD] GANTZ BOX 2[DVD]最安値: ¥10,692
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi