藤村俊二「ふたたび」初日に谷啓さん偲ぶ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月13日 > 藤村俊二「ふたたび」初日に谷啓さん偲ぶ
メニュー

藤村俊二「ふたたび」初日に谷啓さん偲ぶ

2010年11月13日 14:55

財津一郎は往年のギャグも披露「ふたたび swing me again」

財津一郎は往年のギャグも披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 塩屋俊監督が5年間温めた企画を映画化した「ふたたび swing me again」が11月13日、公開初日を迎え、塩屋監督をはじめ主演の鈴木亮平財津一郎、MINJI、藤村俊二犬塚弘が東京・有楽町スバル座で舞台挨拶を行った。

ジャズバンドに青春をかけた健三郎(財津)が、50年間抱き続けた夢を果たすため、孫の大翔(鈴木)とともにバンド仲間を探すロードムービー。映画初主演を果たした鈴木は、「信頼してキャスティングしてくださった監督、温かく見守ってくれた大先輩に感謝します」と万感の面持ち。全国キャンペーンを通して、各地の映画に対する愛情に触れ「改めて人と人とのきずなに気づかされた。自分自身にとっても特別な作品になった」と語った。

そんな鈴木に対して、塩屋監督は「4年前に一度企画が頓挫したとき、亮平が見せた悲しそうな顔が忘れられなかった。絶対リターンマッチをするぞと決意した」。ハンセン病を扱う同作は当初、なかなか製作が進まなかったといい、こちらも感慨深げ。そして、「口説くのに3カ月かかったが、主演が財津さんでなければ企画は成り立たなかった」と最敬礼だった。

その財津は、「もう申し上げることはありません。監督にとっては、ベイビーの出産のようなお気持ちでしょう。私自身、感謝の気持ちでいっぱい。この作品を見て物思う秋にしてチョウダイ!」と往年のギャグを披露した。

元クレイジーキャッツの犬塚は、若き日に共演したアルトサックス・プレイヤーの渡辺貞夫との劇中セッションを「まさか数10年ぶりに共演できるとは。あのツーショットは最高だったね。あうんの呼吸でわかるんですよ」と述懐。トロンボーン奏者を演じた藤村は、「演じながら『これは谷さんだな』って。先に逝った谷さんに手紙でも書きたい」と今年急逝した元クレイジーキャッツの谷啓さんを偲んだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi