財津一郎、主演作「ふたたび」でいい秋にしてチョウダイ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月27日 > 財津一郎、主演作「ふたたび」でいい秋にしてチョウダイ!
メニュー

財津一郎、主演作「ふたたび」でいい秋にしてチョウダイ!

2010年10月27日 16:07

鈴木と財津が、孫と祖父役で共演「ふたたび swing me again」

鈴木と財津が、孫と祖父役で共演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鈴木亮平財津一郎が共演した映画「ふたたび swing me again」が10月27日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭の特別招待作品として公式上映され、鈴木、財津をはじめMINJI、青柳翔藤村俊二佐川満男渡辺貞夫塩屋俊監督がそろって舞台挨拶に立った。

同作は、かつてジャズバンドに青春をかけた男が、50年間抱き続けた夢を果たすため、孫と一緒に旅に出るロードムービー。主演の鈴木と財津が、孫と祖父を演じている。

ジャズサークルに所属する大学生・大翔を演じた鈴木は、「こんなにすごい人たちと一緒に共演したんだ! と、撮影後に緊張がやってきました」と、大先輩たちを前にこの日も緊張した面持ち。財津との共演について、「役柄同様に孫のように接していただいて、プライベートな話も勉強になりました」と振り返った。

ハンセン病で50年にわたり隔離されていたジャズトランペッター・健三郎を演じた財津は、「体力的に非常に不安でしたが、無事に撮り終えてうれしい。この映画の出演は(俳優生活の)最後のごほうびだと思って演じました。でも、命ある限りは演じ続けます!」と話した。メガホンをとった塩屋監督は、「日本のエンタテインメント業界の宝物である(大御所の)役者と、これからを担う若手俳優、素晴らしいメンバーとこの映画を作れたことをうれしく思います」と喜びを語った。

また、トロンボーン担当の藤村が「トロンボーンなんて触ってことがないので、どうやってごまかそうかと思っていました」と会場の笑いをとると、財津も「今年の夏は大変な夏だったけれど、この映画『ふたたび』を見て、いい秋にしてチョウダイ!(笑)」と、往年のギャグで熱いメッセージを残した。

映画「ふたたび swing me again」は、11月13日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi