若手女優2人が貧血寸前で挑んだ「臍帯」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月29日 > 若手女優2人が貧血寸前で挑んだ「臍帯」
メニュー

若手女優2人が貧血寸前で挑んだ「臍帯」

2010年10月29日 19:19

橋本監督の長編デビュー作「臍帯」

橋本監督の長編デビュー作
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門に出品された「臍帯」の公式上映が10月29日、東京・六本木ヒルズで行われ、橋本直樹監督、キャストの於保佐代子柳生みゆ滝沢涼子が舞台挨拶に出席した。

同作は、出産後に捨てられ養護施設で育ったミカが、自分を捨てた母親・直子が優しい夫と高校生の娘・綾乃と幸せに暮らしていることを知り、数日間にわたり監視を続けた後にある決心をするというストーリー。劇場鑑賞のみを想定して製作され、映像は可能な限り暗く、セリフも音楽も皆無に近い状況音だけで構成されている。

主人公・ミカを演じた於保は、精神的にも肉体的にも追い詰められた難役を振り返り、「極力、ミカと同じ状況に身をおいて撮影に挑みました。貧血気味になって意識が朦朧(もうろう)とし、倒れそうになることもありましたが、スタッフの方の支えもあって、ギリギリのところで踏ん張ることができました」と充実した笑顔。綾乃役の柳生は、「思い出したくないくらいです。いつ逃げようかと思っていました(笑)。撮影期間中はほとんど食べずにいたのですが、監督に内緒でメイクさんがこっそりアメをくれたので、それで飢えをしのいでいました」と苦労を明かした。

母親役の滝沢は、「私は撮影の後半から加わったのですが、2人(於保と柳生)が10代の女の子とは思えないぐらいにげっそりしていたので、監督は一体何をしたんだろうとびっくりしました。若い2人がとても頑張って壮絶なシーンに挑戦しているので、ぜひ見てあげてください」と若手女優をいたわった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi