イギリスのジョフィ監督、リメイクは嫌いだけど「ブライトン・ロック」は別格 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月29日 > イギリスのジョフィ監督、リメイクは嫌いだけど「ブライトン・ロック」は別格
メニュー

イギリスのジョフィ監督、リメイクは嫌いだけど「ブライトン・ロック」は別格

2010年10月29日 16:45

リメイク版は舞台を1964年に「ブライトン・ロック」

リメイク版は舞台を1964年に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英映画「ブライトン・ロック」が10月29日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭コンペティション作品として公式上映され、ローワン・ジョフィ監督が会見とティーチインに出席した。

同作は、グレアム・グリーンの古典的小説をもとに、犯罪に手を染めていくピンキーと、惹(ひ)かれていくローズの危険な関係を描いたラブストーリー。1947年にリチャード・アッテンボロー主演で映画化されているが、「僕自身、リメイク作品が好きじゃなくて、このリメイクのオファーも一度は断っているんです。けれど、この原作は大好きでオファーを受けることにしました」と製作経緯を説明する。

しかし、「好きだ」という原作にもエピソードがあり、「原作は15歳のころに読んでいます。冷たくて、暗くて、分かりにくくて、当時は好きにはなれなかった」と述懐。それでも、「リメイクのオファーをもらってもう一度読み返してみたら、昔の印象と違った。今まで読んだなかで一番面白いラブストーリーだと思ったんです」と語った。

原作では1939年を舞台にしているのに対し、リメイク版では1964年が舞台。「1964年はイギリスで最後の死刑が執行された年で、そういう背景も主人公のピンキーが殺人を犯していくことに影響を与えていると思うんです。その時代は組織犯罪が横行していたけれど、若者たちが運動を起こし始めた時期でもある。今の時代に(自分たちも)何かしなくてはならないという警告を伝えたかった」と熱い思いを伝えた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi