橋田氏、感無量「死んでもいい」 TBS60周年ドラマ「99年の愛」発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月25日 > 橋田氏、感無量「死んでもいい」 TBS60周年ドラマ「99年の愛」発表
メニュー

橋田氏、感無量「死んでもいい」 TBS60周年ドラマ「99年の愛」発表

2010年10月25日 13:00

国境と世紀を超えて描く壮大なドラマ

国境と世紀を超えて描く壮大なドラマ
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TBS開局60周年を記念した5夜連続ドラマ「99年の愛 JAPANESE AMERICANS」(同局系11月3~7日21時)の発表会見が10月24日、都内で行われた。脚本家・橋田壽賀子氏が国境と世紀を超えて描く壮大なドラマに、ダブル主演のSMAP・草なぎ剛仲間由紀恵をはじめ豪華キャストがズラリ。橋田氏は感無量の面持ちで、「これでいつ死んでもいい」とすら漏らした。

同ドラマは、今から99年前に夢を追ってアメリカに渡った日系人一家の物語。異国の地で、人種差別や戦争による苦難に立ち向かって生き抜いた歴史を超スケールで描く。

85歳の橋田氏は、生涯のテーマに掲げてきた“戦争と平和”を描く最後の作品として構想4年を経てオリジナル脚本を書き下ろした。「戦中戦後を生きてきた者としてアメリカほど嫌いなものはない」。だからこそ舞台に選んだという。「本当にこの脚本が書けて幸せ」と晴れやかに話した。

撮影は、日米で長期間のロケを敢行。日系1世と2世の2役を演じた草なぎは「過酷だったけれどキャストとスタッフが仲良くなれた」、ヒロインを演じた仲間は「草なぎさんの励ましの声で乗り越えられた」と笑顔で振り返った。

共演に、松山ケンイチ中井貴一泉ピン子寺島咲川島海荷、市川右近、小林稔侍中尾明慶堀内敬子八千草薫岸惠子ら。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi