ピクサー初の女性監督が製作途中で降板 女性差別と非難する声も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月25日 > ピクサー初の女性監督が製作途中で降板 女性差別と非難する声も
メニュー

ピクサー初の女性監督が製作途中で降板 女性差別と非難する声も

2010年10月25日 11:45

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオ初の女性監督として、2012年6月15日の公開が予定される「ブレイブ(原題)」で長編映画デビューを飾る予定だったブレンダ・チャップマンが降板。代わりに、同社の短編「ワンマンバンド(One Man Band)」を手がけたマーク・アンドリュースが監督を務めることが明らかになった。

ブレイブ」は、ピクサーにとって13本目の長編映画にして、初の女性監督作となる予定だった。チャップマンは、ドリームワークスのアニメ「プリンス・オブ・エジプト」で共同監督を務めたのち、ピクサーで数年前から「ブレイブ」の脚本を含めた製作準備にあたっていたとされる。降板の理由は不明だが、同社では過去にも「トイ・ストーリー2」「レミーのおいしいレストラン」といった作品で監督が交代した例がある。

一方、この報道を受けて、ネット上ではピクサーを女性差別主義的と非難する声も上がっている。スタッフが男性中心であることに加えて、映画の内容も男性を主人公にしたものが多いためだ。その点「ブレイブ」は、弓の名手になることを夢見る王女が主人公のフェアリーテールで、リース・ウィザースプーンエマ・トンプソンらが声優に名を連ねるなど、当初からピクサー初のガールズムービーとして注目を集めていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi