高田延彦、男の戦いに必要なのは「恐怖を知ること」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月2日 > 高田延彦、男の戦いに必要なのは「恐怖を知ること」
メニュー

高田延彦、男の戦いに必要なのは「恐怖を知ること」

2010年9月2日 15:34

「戦うなら魔物じゃなくペルセウス」と高田「タイタンの戦い」

「戦うなら魔物じゃなくペルセウス」と高田
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サム・ワーシントン主演のスペクタクルアクション「タイタンの戦い」(ルイ・レテリエ監督)のブルーレイ&DVD発売を記念し、同作の男たちのアツい戦いに感銘を受けたという元総合格闘家で高田道場の高田延彦代表を直撃した。

同作は、ギリシャ神話の世界を舞台に、神々と人間の戦争に巻き込まれた半神半人の主人公ペルセウス(ワーシントン)が、自らの出自に葛藤(かっとう)しながらも、人間の勇者として神々が送り出す魔物たちと死闘を繰り広げていく姿を描くアクション大作。

高田は、「ターミネーター4」や「アバター」でも知られるワーシントンの魅力について「競争の激しいハリウッドの映画界で次々と大作に出ていながら、“青臭さ”を感じさせるところがいい。ファイトシーンもすごかった。体もシェイプされているし、あれだけしなやかに動けるのは、かなり前からトレーニングしていたはず」とプロの視点から分析してみせた。

そして、元格闘家として“戦いに必要なもの”について「“恐怖を知る”ということかな。前に進むためには、相手への恐怖心や負けることの怖さをどう克服するか考えなくちゃいけない。自分の体に、ひとつでも精度の高い武器を装着していきながら、恐怖と上手に付き合っていくのが大切」と語る。

ちなみに、典型的な“肉食系男子”の高田、ここ数年の草食系男子ブームについて「それぞれの生き方だからね。でも、なんで僕が肉食系って決めつけてるの?(笑) 僕は女性に対する態度は完全に草食系だと思う。愛妻家ですし。今、この取材受けている時間も、奥さんに会いたくて仕方ないですよ!」

最後に高田は「最初と最後のシーンで見せる表情がまったく違う。外見も内面も進化している」とあらためてペルセウスの勇姿を絶賛した。

タイタンの戦い」ブルーレイ&DVDセットは発売中。実写映画初の3D版ブルーレイは10月6日発売。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi