「タイタンの戦い」続編にJ・リーベスマン監督が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月2日 > 「タイタンの戦い」続編にJ・リーベスマン監督が決定
メニュー

「タイタンの戦い」続編にJ・リーベスマン監督が決定

2010年9月2日 11:21

続編は3Dで撮影「タイタンの戦い」

続編は3Dで撮影
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サム・ワーシントン主演でギリシャ神話の神々を描いたアクション大作「タイタンの戦い」の続編製作が決定。第1作のルイ・レテリエ監督に代わり、「テキサス・チェーンソー ビギニング」「実験室KR-13」のジョナサン・リーベスマン監督がメガホンをとることになった。

米ハリウッド・レポーター誌ブログ版Heat Visionによれば、続編は3Dでの撮影が予定されている。今春公開された「タイタンの戦い」は、全世界で4億9100万ドルの興行収入を記録するヒットとなったものの、2Dから3Dにコンバートした映像の質に対する辛口の意見が多かった。配給のワーナー・ブラザースは、続編ではそのてつを踏まないよう、3D撮影に力を入れるものと見られている。

第1作のキャストのうち、ワーシントンとジェマ・アータートンは続編にも出演する見込み。リーベスマン監督は、最新作のSFアクション「バトル・ロサンゼルス(原題)」(2011年3月全米公開)の前評判が高く、今回の起用につながったようだ。11年2月、イギリスでのクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi