“3D俳優”サム・ワーシントン、肉体美を褒められ赤面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月7日 > “3D俳優”サム・ワーシントン、肉体美を褒められ赤面
メニュー

“3D俳優”サム・ワーシントン、肉体美を褒められ赤面

2010年4月7日 15:24

素顔は意外と照れ屋さん「タイタンの戦い」

素顔は意外と照れ屋さん
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ギリシャ神話をベースに人間と神々の戦いを描く3Dアクション「タイタンの戦い」に主演するサム・ワーシントンと監督のルイ・レテリエが来日し4月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で会見した。

1981年に製作された同名映画のリメイクで、神々と人間が世界の覇権をかけて争いを繰り広げる中、神の子でありながら人間として育てられた勇者ペルセウス(ワーシントン)が神々に戦いを挑む姿を描く。

ワーシントンは、「ターミネーター4」「アバター」そして本作とアクション大作への出演が続き、今回も披露しているたくましい肉体を褒められると、照れくさそうにたちまち赤面。「ビールを飲むのを控えたくらいだよ。僕は怠惰な人間で、普段はワークアウトしないんだ。でも、この映画は6カ月間ちゃんとトレーニングをしないと続かなかった。監督はアクションが大好きだし、撮影中は地獄だったよ(笑)」と控えめに話した。しかし、実際に爪がはがれるアクシデントもあったそうで、過酷な撮影を乗り切ったワーシントンをレテリエ監督は「彼が成功したのは強い心があったからだ」と称えた。

また、ワーシントンは大作への出演が続いているが「自分が見たい映画かどうかで選んでいるだけ。(故郷の)オーストラリアで400万ドルの予算で作る映画も、ハリウッドで1億ドルをかけて作る映画も同じ。大作の場合はプレッシャーも大きいけど、そこでどう重みを出すかがチャレンジにもなる。次の映画も自分がお金を払って見たいかどうかで決めるよ」。さらに、「アバター」「タイタンの戦い」ともに3D映画だが、「俳優の仕事としては(2Dでも3Dでも)同じ。3Dは観客を全く違う世界へ連れていくツールだけど、映画というのは現実を忘れて旅に連れていくものでもある。そのためには物語や俳優、キャラクターが強くなくてはいけないんだ」と持論を展開した。

タイタンの戦い」はワーナー・ブラザース映画配給で、4月23日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi