セシル・コルベル、日本で“最後”のライブ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月8日 > セシル・コルベル、日本で“最後”のライブ
メニュー

セシル・コルベル、日本で“最後”のライブ

2010年8月8日 15:16

明日9日、帰国します!「借りぐらしのアリエッティ」

明日9日、帰国します!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」の主題歌と全ての音楽を手掛けるフランス人ハープ奏者セシル・コルベルが8月8日、東京・渋谷アップルストアでインストアイベントを行った。

コルベルは6月下旬の来日以来、米林宏昌監督らとともに全国15都市でのキャンペーンを精力的にこなしたほか、8月4日に映画公開を記念したソロコンサートを東京・初台の東京オペラシティで開催。8月7日には、茨城県ひたちなか市で行われた野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010」に出演し、ジブリ作品の立体造形が展示された野外ステージでパフォーマンスを行っている。

そんなコルベルにとって、この日は日本滞在中では最後のライブ。「毎日が新たな出会いの連続。いろいろな発見があり、たくさんの思い出ができた」と約50日間のプロモーションツアーを振り返った。ライブでは同作のサウンドトラック盤に収録されている「荒れた庭」「床下の我が家」、そして主題歌「Arrietty’s Song」を披露。米林監督が描いたデッサンからインスパイアを受けたという楽曲制作の裏側や、自身の音楽的ルーツであるケルトへの思いを語ったほか、演奏で使うハープが桜の木でできていると明かした。コルベルは8月9日、フランスに帰国する予定だという。

配給の東宝によれば、同作は公開19日間で興行収入44億円突破を記録している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi