デル・トロ監督、キャメロン監督のサポートで初3D映画に着手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月30日 > デル・トロ監督、キャメロン監督のサポートで初3D映画に着手
メニュー

デル・トロ監督、キャメロン監督のサポートで初3D映画に着手

2010年7月30日 11:41

キャメロンに感謝「アバター(2009)」

キャメロンに感謝
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ホビット(原題)」を降板したギレルモ・デル・トロ監督の次回作が、作家H・P・ラブクラフトの名作「狂気の山脈にて(At the Mountains of Madness)」の映画化に決定した。デル・トロ監督が長年温めていた企画で、「アバター」のジェームズ・キャメロン監督がプロデューサーの座に就き、実現に向けて一気に動き出した。デル・トロ監督初の3D作品となる。

米MovieWebによれば、キャメロン監督は3D映画の企画選びについては慎重だが、敬愛するデル・トロ監督の作品ということで協力を快諾。これにより、ユニバーサル・ピクチャーズが製作にゴーサインを出した。

「狂気の山脈にて」は、南極大陸の巨大山脈を舞台に、探検者たちの神秘的体験と絶滅文明との予期せぬ遭遇が描かれる。

映画は、2011年夏に撮影スタートの予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi