「ホビット」2部作、やはりピーター・ジャクソンが監督か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月28日 > 「ホビット」2部作、やはりピーター・ジャクソンが監督か
メニュー

「ホビット」2部作、やはりピーター・ジャクソンが監督か

2010年6月28日 11:31

ファン待望のジャクソン監督復帰がほぼ確実に「ロード・オブ・ザ・リング」

ファン待望のジャクソン監督復帰がほぼ確実に
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月末のギレルモ・デル・トロ監督の降板を受けて、空席のままになっている「ホビット(原題)」の監督の座に、これまで同作では製作と脚本のみ担当してきたピーター・ジャクソン監督がおさまる可能性が高くなった。

「ホビット」は、「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエル(前章)にあたるJ・R・R・トールキン原作「ホビットの冒険」を2部作として映画化するもの。デル・トロ監督の降板後、当然のことながらファンや業界関係者からは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたジャクソン監督待望論が巻き起こったが、その時点では同監督は、自らはメガホンをとらずに新たに別の監督を探すことを明言していた。理由はおもに、ジャクソン監督が携わっているほかのプロジェクトとのスケジュールの兼ね合いだと言われている。

しかし、6月25日に米デッドライン・ハリウッドほか業界紙が相次いで報じたところによれば、いよいよジャクソン監督が同作のメガホンをとる方向で米ワーナー・ブラザーズおよびニューライン、MGMと交渉に入っているという。まだ確定ではないものの、MGMの財政問題がからんでいるため、出資者を納得させるにはもはやジャクソン監督が引き受けるしか方法はないというのが大方の見方のようだ。また、ジャクソン監督も最近になって、ニュージーランドの地元紙に対してそうした趣旨の発言をしたという。

すでに2週間ほど前からワーナーとMGMがジャクソン監督の説得にかかっていると報じられているが、数日中には動向が判明するものと見られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi