デーブ・スペクター、“お寒い”テキトー発言連発 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月29日 > デーブ・スペクター、“お寒い”テキトー発言連発
メニュー

デーブ・スペクター、“お寒い”テキトー発言連発

2010年7月29日 22:30

客席も凍りつく寒さ「フローズン」

客席も凍りつく寒さ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スキー場のリフトに取り残された若者たちの恐怖を描くワンシチュエーションサスペンス「フローズン」の公開記念イベントが7月29日、都内で行われ、タレントのデーブ・スペクターと全日本スキー連盟の指導者資格をもつ弁護士の八代英輝氏が登場した。

スキー場のリフトに取り残された若者3人が、氷点下20度の極寒と暗やみのなか、携帯電話も食料もない状況で、地上15メートルからの脱出を試みる。この日は会場の冷房を最低温度の18度まで下げたなか、観客は自前のスキーウェアを着用し、作品の恐怖感を体感した。

スキーウェアに身を包んだデーブは、「実はスキーを1回もしたことない」と告白。映画の感想を求められても、「イラクで爆弾処理する映画です。あっ、青い顔したやつらが出てくるんだった」と“お寒い”テキトー発言連発で、客席は水を打ったような静けさに。空気を察したのか、「こんな映画は今までなかったから新鮮。ありえるシチュエーションだと思う」とフォローしたが、八代から「(スキー場に)行ったことない人が言ってもリアリティないですよ」と冷たいツッコミを受ける始末で、最後は「フローズンといえば、ガリガリくん。すごく売れているらしいし、(赤城乳業の)株を買っておけばよかった」とやけくそ気味だった。

一方の八代は、「スキー人口が減っているなか、なんでこんな映画を公開してくれるんだ」と憤慨しつつも、「見始めると、思わず引きこまれてしまう。ちょっとさみしいスキー場ならありえない話ではないかも」。八代自身も、苗場スキー場でヘリコプターの不時着事故が原因で起こった停電により、ゴンドラに数時間閉じ込められた経験があるといい「常にポケットにチョコやアメを入れておけば、ちょっとした栄養補給になる」とアドバイスした。

フローズン」は、8月7日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi