「アイアンマン2」アイデア源はウルトラマン!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月10日 > 「アイアンマン2」アイデア源はウルトラマン!?
メニュー

「アイアンマン2」アイデア源はウルトラマン!?

2010年6月10日 16:01

今回もトニーの運転手ハロルド役で 出演もしているファブロー監督「アイアンマン2」

今回もトニーの運転手ハロルド役で
出演もしているファブロー監督
Iron Man 2, the Movie: (c) 2010 MVL Film Finance LLC.
Iron Man, the Character: TM & (c) 2010 Marvel
Entertainment, LLC & subs. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロバート・ダウニー・Jr.主演で世界的なヒットを記録中の「アイアンマン2」について、ジョン・ファブロー監督が語った。

同作は、ダウニー・Jr.演じる天才発明家にして大企業社長のトニー・スタークが、自ら開発したパワードスーツを身にまとったヒーロー、アイアンマンとして活躍する姿を描くアクション大作。

ファブロー監督は、ダウニー・Jr.について「最初はトニー役とは考えていなかったんだ。製作側としては彼よりも若い俳優を望んでいた。でも、実際に会ってみたらイメージもぴったりだったし、非常に熱意があった。それで彼こそ適任だと確信したんだ」と述懐。そして、「彼が演じると、アイアンマンよりトニー自身が魅力的になる。従来の作品では(変身後の)ヒーローにひかれたけど、この映画ではトニーの方が魅力的だ。それは作品全体にとってメリットになる。前作の成功で僕は監督として認められ、彼にも出世作になった。その経験を共有した相手との仕事は面白いよ」と絶賛してやまない。

さらに、ファブロー監督はアイアンマンに対しても並々ならぬ情熱を注いでいる。今回は、前作からバージョンアップした新型パワードスーツが登場。それらのデザインには、原作コミックだけでなく日本のアニメや漫画の影響もあるという。

「デザインに関しては日本のマンガの影響がかなり出ていると思うよ。アニメの持つ大げさな表現を実写に使うと面白いと思ったしね。今回はアタッシェケース型でミサイルなどの武器がついたスーツもあるし、強じんな外見に反して顔は人間っぽくしたりもした。ひらめきのヒントになったのが日本のアニメや、アメリカのアクション映画だ。突飛な感じにすることで、ユーモアを感じてもらえると思ったんだよ」

確かに、全身に赤いラインが入ったデザインや顔つきは、ウルトラマンなどを想起させる。「そうだね。それと最近の作品では『APPLESEED』とかね。日本にはアイデアのヒントをたくさんもらった。今回は日本庭園のような場所で繰り広げるアクションシーンもあるけど、あれは黒澤明監督のサムライ映画のイメージも欲しかったからなんだ」

アイアンマン2」はパラマウント配給で、6月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi