堺雅人、初の軍人役で居合いの達人に 浅田次郎原作「日輪の遺産」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月12日 > 堺雅人、初の軍人役で居合いの達人に 浅田次郎原作「日輪の遺産」
メニュー

堺雅人、初の軍人役で居合いの達人に 浅田次郎原作「日輪の遺産」

2010年5月12日 22:05

丸刈り軍服の堺が登場「日輪の遺産」

丸刈り軍服の堺が登場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堺雅人主演で浅田次郎の小説を映画化する「日輪の遺産」の撮影現場会見が5月11日、東映東京撮影所で行われ、堺と共演の中村獅童福士誠治佐々部清監督が出席した。

同作は、第2次大戦中、帝国陸軍がマッカーサーから奪取した時価200兆円に及ぶ財宝を守り抜いた将校と、20人の少女たちの日本復興への思いを描いたドラマ。ユースケ・サンタマリア八千草薫らが共演する。

この日は3人だけの撮影だったが、堺は「他の撮影ではユースケ・サンタマリアさんと20人の女学生が加わって、毎日が新鮮で、演じていて楽しい現場です」とにこやかに挨拶。軍人役は初めてで、丸刈りに挑戦したが、「戦争を描くにあたっては、分かったふりだけは避けたいと思いました。型にはまった軍人にならないように気を付けています。映画で描かれる現場、その場にいて息吹のある演技をする、演技を楽しむ役者はそれしかできないと思います。初めてと言えば居合の達人という役柄で、40時間以上特訓してます」と意気込みを語った。

中村は、「20人の女学生とのシーンで、彼女たちのたたずまいを見ていると心に響くものがあり、新鮮でした。もんぺをはかせると、やはり日本人だ(笑)と思いましたし、時代を飛び越えるような瞬間にドキッとさせられました」。「チルソクの夏」以来7年ぶりの佐々部組となる福士は、「ずっともう一度ご一緒したいと思っていたので、役者としての喜びを感じながら演じています」と充実した様子をうかがわせた。

佐々部監督は脚本作りに4年をかけ、念願だった同作に着手。「助監督時代、最後の仕事が『鉄道員(ぽっぽや)』だったこともあり、自分の10作品目となる節目に、ファンである浅田次郎さんの作品を映画化できるということで感無量です」と話した。

日輪の遺産」は角川映画配給で2011年全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi