矢島・ストロベリー「別に…」にファン大喜び 初日挨拶は抱腹絶倒 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月29日 > 矢島・ストロベリー「別に…」にファン大喜び 初日挨拶は抱腹絶倒
メニュー

矢島・ストロベリー「別に…」にファン大喜び 初日挨拶は抱腹絶倒

2010年4月29日 15:47

ストロベリー型だるまで初日を祝福

ストロベリー型だるまで初日を祝福
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「とんねるず」の石橋貴明木梨憲武とDJ OZMAに似た米ネバダ出身の女性ユニットが主人公の映画「矢島美容室」が4月29日、全国154スクリーンで公開。矢島美容室のストロベリー、マーガレット、ナオミと黒木メイサ山本裕典アヤカ・ウィルソン中島信也監督らは、東京・有楽町の丸の内ピカデリー1で舞台挨拶に立った。

同作は、フジテレビの人気バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」に、DJ OZMAが出演したことがきっかけとなってCDデビューにまで発展したプロジェクトの集大成として映画化。ネバダ州を舞台に、母マーガレット、長女ナオミ、次女ストロベリーの3人が、失踪中の夫で父の日本人美容師・矢島徳次郎を探して来日するまでを描いた。

石橋似のストロベリーは、開口一番「特にないです……」「別に……」と沢尻エリカを彷彿(ほうふつ)とさせる挨拶に場内は大喜び。さらに「離婚を中心に今、話し合っています」と語るなど黒木や山本らゲスト出演陣をあ然とさせるなか、木梨似のマーガレットも「別に……、ウソです。初日に見ていただいたお客さま、本当にありがとうございます」と頭を下げた。


ご機嫌ななめで「別に……」

ご機嫌ななめで「別に……」
[拡大画像]

ストロベリーのライバル役に扮した黒木は、「ただ悪いだけの役でしたが、本当に楽しかったです。(プロモーション期間中に)ストロベリーのお触りが多かったかな」とニッコリ。中学1年生になったばかりのアヤカは、「10年後、22歳になったらメイサさんみたいなゴージャスで魅力的な女優になりたい。そして、『矢島美容室』の10作目まで出演し続けたいです」と話し、マーガレットを感動させていた。

これに気を良くしたのか、ストロベリーは「本当にこの映画は家族愛、宮里藍、福原愛」とボケまくり爆笑を誘った。それでも、「たくさんのお客さんに見ていただいて感動しています。5月5日くらいまでの観客動員で、(配給の)松竹さんがパート2をやるかどうか決めるようです!」とファンに呼びかけていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi