リッキー・マーティンが同性愛をカミングアウト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月30日 > リッキー・マーティンが同性愛をカミングアウト
メニュー

リッキー・マーティンが同性愛をカミングアウト

2010年3月30日 17:26

ゲイ男性にもファン多数

ゲイ男性にもファン多数
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プエルトリコ出身の人気歌手リッキー・マーティン(38)が3月29日、同性愛者であることを自身のウェブサイトで告白した。マーティンがゲイではないかという噂は数年前からあったが、本人はこれまで特に否定も肯定もしていなかった。

マーティンによると、数カ月前に自伝の執筆を始めたことが、今回のカミングアウトにつながったという。「最初の文章を綴った瞬間、この本が、長年自分の内側に抱えてきたものから僕を解放してくれることを確信した。それは、内に秘めておくには重くなりすぎた」と書いている。

また、マーティンは08年、代理母から生まれた双子の男の子の父親となったが、「同性愛者であることを隠し続けることは、子どもたちが生まれつき持っている輝きまで間接的におとしめることになると思った」と明かし、最後を「自分は幸せな同性愛者であると、誇りを持って言うことができる。自分はありのままでとても祝福された存在なのだ」と締めくくった。

80年代から音楽活動を始めたマーティンは、98年FIFAワールドカップのテーマソング「ザ・カップ・オブ・ライフ」や、99年の「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」の大ヒットで世界的なスターとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi