「ツィゴイネルワイゼン」の映画美術監督・木村威夫さん死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月25日 > 「ツィゴイネルワイゼン」の映画美術監督・木村威夫さん死去
メニュー

「ツィゴイネルワイゼン」の映画美術監督・木村威夫さん死去

2010年3月25日 17:31

手がけた映画は約240本「ツィゴイネルワイゼン」

手がけた映画は約240本
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ツィゴイネルワイゼン」「サンダカン八番娼館 望郷」など、約240本の映画で美術を手がけた映画美術監督の木村威夫(きむら・たけお)さんが3月21日午前5時45分、関質症肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年91歳。

1918年4月1日東京生まれ。16歳のときに、当時の舞台美術の第一人者・伊藤熹朔(きさく)氏に師事し、41年日活多摩川撮影所に入社。44年の大映作品「海の呼ぶ声」(伊賀山正徳監督)で美術監督デビューした。以降、新生日活、独立プロで活躍し、73年からフリーとなる。

特に鈴木清順監督との仕事で知られ、「肉体の門」「刺青一代」「けんかえれじぃ」「東京流れ者」「ツィゴイネルワイゼン」など代表作のほとんどを担当し、モダンかつ幻想的な世界観を表現。その一方で「サンダカン八番娼館 望郷」「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」「海と毒薬」などで組んだ熊井啓監督の作品では、リアリズムを追究し、高く評価された。

08年には、90歳にして「夢のまにまに」で長編映画監督デビューを果たし、世界最高齢での長編映画監督デビューとしてギネス世界記録に認定。昨年秋には長編監督第2作「黄金花 秘すれば花、死すれば蝶」を発表したばかりだった。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi