誰もやりたがらない「猿の惑星」前章の監督がついに決定か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月15日 > 誰もやりたがらない「猿の惑星」前章の監督がついに決定か
メニュー

誰もやりたがらない「猿の惑星」前章の監督がついに決定か

2010年3月15日 11:41

ハリウッドでは前章ブーム続行中「猿の惑星」

ハリウッドでは前章ブーム続行中
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 20世紀フォックスが数年前から企画している「猿の惑星」(68)のプリクエル(前章)の監督がようやく決まりそうだ。米Deadline Hollywoodによると、監督と脚本を手がけた08年のスリラー「The Escapist」(ブライアン・コックス主演)が高く評価された英国の新鋭ルパート・ワイヤットが、まもなく契約にサインするのではないかという。

傑作SF「猿の惑星」シリーズには、68年から73年にかけて製作されたオリジナルシリーズの5作品と、ティム・バートン監督によるリメイク「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(01)がある。そして、「シーザー」と題されたこのプリクエル企画では、第1作の前日談、つまり猿たちがなぜ人間を支配するようになったかが描かれることが分かっている。

しかしこのプリクエルは、監督たちにことごとくフラれてきたいわくつきの企画でもあるのだ。今年2月にニューヨーク・マガジン電子版が報じたところによれば、これまでに同作の話をオファーされた監督にはキャスリン・ビグローロバート・ロドリゲス、トマス・アルフレッドソン、ヒューズ兄弟、ピエール・モレルジェームズ・マクティーグらがいるが、いずれも断ったという。

また脚本家にしても、当初は「マイノリティ・リポート」のスコット・フランクが脚本と監督を手がけることになっていたが、今年初めに降板。スタジオ側が、フランクの脚本がダークで金がかかりすぎると判断したのが理由だという。その後ジェイミー・モス(「フェイクシティ/ある男のルール」)がリライターに起用されたようだが、最新の記事ではリック・ジャッファ(「レリック」)とアマンダ・シルバー(「ゆりかごを揺らす手」)が脚本を手がけると報じられている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi