「猿の惑星」復活か!監督は名脚本家スコット・フランクに決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月5日 > 「猿の惑星」復活か!監督は名脚本家スコット・フランクに決定
メニュー

「猿の惑星」復活か!監督は名脚本家スコット・フランクに決定

2008年12月5日 12:00

[映画.com ニュース] 「猿の惑星」シリーズと言えば、60年代に「クレオパトラ」(63)で屋台骨が揺らいだ20世紀フォックスの人気SFシリーズ。先日、フォックス側からその新作を製作することを認める発言があり映画ファンから驚きの声が上がったが、すでに監督も決まっているようで、業界情報紙プロダクション・ウィークリー最新号が、「シーザー」と題された同作の監督欄に「スコット・フランク」と記載。それを受けた米映画情報サイトCHUD.comがフランク監督当人に直撃取材をし、その事実が確認された。

スコット・フランクは名脚本家として知られ、エルモア・レナード原作の「ゲット・ショーティ」(95)と「アウト・オブ・サイト」(98)、フィリップ・K・ディック原作の「マイノリティ・リポート」(02)、「飛べ!フェニックス」をリメイクした「フライト・オブ・フェニックス」(04)などを脚色。07年の「ルックアウト/見張り」で監督デビューを飾った人物だ。

原題「シーザー」は、オリジナルの第4作「猿の惑星・征服」(72)の主人公のチンパンジーと同じ名前だが、フランク監督によると、その新作はリメイクではなく、猿たちがなぜ人間たちを支配するに至ったかという原点を描くという。公開されているシノプシスでは、高い知能を持ち、人間に育てられたチンパンジーが猿たちを率いて革命を起こすという内容になっており、第4作「猿の惑星・征服」や第5作「最後の猿の惑星」(73)と似通っているだけに、物語の設定がオリジナルとは大きく違うのだろう。

スコット監督は、シリーズ第1作「猿の惑星」(68)のプリクエル(前章)として構想しており、このたび新たに作られる映画は壮大なサーガの序章になるとも明言しており、新シリーズ化が計画されている。01年にはティム・バートン監督のメガホンで「PLANET OF THE APES/猿の惑星」としてリメイクされたが、同作ではシリーズ化されていないが……。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi