戸田恵梨香、生“バカだよね~”に大喜び : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月6日 > 戸田恵梨香、生“バカだよね~”に大喜び
メニュー

戸田恵梨香、生“バカだよね~”に大喜び

2010年3月6日 13:16

赤のリンゴはそろわず…「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」

赤のリンゴはそろわず…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 戸田恵梨香松田翔太が主演の映画「ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ」が3月6日、全国283スクリーンで公開。戸田と松田をはじめ、田辺誠一吉瀬美智子鈴木浩介濱田マリ松山博昭監督が東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇3で舞台挨拶を行った。

週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載された甲斐谷忍の同名漫画が原作。正直者の女子大生・神崎直(戸田)が、天才詐欺師の秋山深一(松田)の助けを借りながら、参加者が大金をかけてだましあいを繰り広げるゲームを勝ち上がっていく姿を描く。過去2回にわたりドラマとして放送し、劇場版ではゲームを勝ち抜いた11人の参加者が集い、“信じあう心”をテーマとした最後のゲームに挑戦する。

戸田は、劇中で“バカ”と連発されたことについて「初めて福永(鈴木)から『バカだよね』と言われたとき、台本にセリフがなかったんですよ。でも、鼓膜が破れるくらいの大声で言われたときは衝撃的で、『バカです』ってしっくりくるようになっちゃいました」とニッコリ。場内からのリクエストに応えて鈴木が「バカだよね~!」と絶叫すると、戸田は爆笑しながら大喜びした。

また、この日はストーリーにちなんで観賞したファン502人が参加する「エデンの園」ゲームを敢行した。事前に配布した3種類(赤、金、銀)のリンゴ型カードから、全員が赤を選んで掲げた場合、マスコミ向けの絵作りで撮影した写真をポストカードにしてプレゼントするが、ひとりだけ金か銀を掲げた場合は“裏切り者”に10万円分の旅行券をプレゼントするというもの。金が2人、銀が1人出る結果に、戸田は「一瞬そろった! と思って感動したのに、思い切り金が光ってた」。松田も「これはライアーゲーム。ウソをついて何が悪い!」と役になりきり、喝さいを浴びていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi