「パリより愛をこめて」ジョン・トラボルタの強烈スキンヘッド! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月12日 > 「パリより愛をこめて」ジョン・トラボルタの強烈スキンヘッド!
メニュー

「パリより愛をこめて」ジョン・トラボルタの強烈スキンヘッド!

2010年2月12日 20:29

悪役みたいだけど…主人公です「96時間」

悪役みたいだけど…主人公です
(C)2009 EUROPACORP - M6 FILMS
– GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAI PROD
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年「96時間」が全米スマッシュヒットを記録した監督ピエール・モレル、製作リュック・ベッソンのコンビが送る最新作「パリより愛をこめて(仮題)」(原題「From Paris with Love」)の場面写真が公開された。主演のジョン・トラボルタが見事なスキンヘッドを披露、見る者の目を引く1枚だ。

同作は、地味な諜報活動に従事してきた駐仏アメリカ大使館員リース(ジョナサン・リース=マイヤーズ)と、CIAの異端児諜報員ワックス(トラボルタ)がコンビを組み、来仏するアメリカ要人の暗殺計画を阻止するためにパリを奔走する姿を描くアクション。トラボルタが扮するワックスは、着実に事件を解決していくキレ者だが、口が悪くてケンカっ早く、すぐに手が出るタイプで、組織のなかでも異端児扱いされているCIA捜査官だ。その特徴を表すかのように、スキンヘッドに濃い口ひげという強烈な姿をさらしているトラボルタが強烈なインパクトを残す。ちなみにこのスキンヘッドは、トラボルタが自身の頭髪をすべて剃り上げて作り出した“本物”だ。


もし来日の際は自ら操縦する飛行機で?「96時間」

もし来日の際は自ら操縦する飛行機で?
[拡大画像]

また、そんな同作のプレミアが2月12日、物語の舞台となるパリで華やかに行われた。シャンゼリゼ通りにレッドカーペットが敷かれ、主演のトラボルタ、リース=マイヤーズ、共演でポーランド出身のスーパーモデルとして知られるカシア・スムトゥニアク、モレル監督、ベッソンなど主要キャスト、スタッフが集結。気温が氷点下となる極寒のなか、トラボルタは愛妻ケリー・プレストンを伴って姿を現し、「今日はとても素晴らしいパリでの1日を過ごしているよ。パリで最初のプレミアということでみんながエキサイトしてる」とご機嫌。映画についても「すべてのスタントをこの年齢で自分でやるというのがチャレンジだったが、僕はそれをやり遂げた。リュックとピエールが、僕にはそれが出来ると確信してくれたからね。僕はとてもエキサイティングに思ったし、うれしかったよ」と満足気にコメント。「日本の皆さんのことが僕はとても好きです。この作品をとても気に入ってくれると思う。近いうちに日本でお会いしましょう!」と、来日を期待させる発言も飛び出した。

「パリより愛をこめて(仮題)」はワーナー・ブラザース映画の配給で5月15日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi