フィリップ・シーモア・ホフマンが、日本人監督のコメディを製作・主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月2日 > フィリップ・シーモア・ホフマンが、日本人監督のコメディを製作・主演
メニュー

フィリップ・シーモア・ホフマンが、日本人監督のコメディを製作・主演

2010年2月2日 11:29

日本人監督とのコラボに期待

日本人監督とのコラボに期待
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督デビュー作「Jack Goes Boating」を引っさげサンダンス映画祭に参加したオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが、同地で行われた記者会見で、自身の製作会社クーパーズ・タウン・プロダクションの今後のラインナップを発表した。

そのうち、「Mr.Crumpacker and the Man From the Letter」と題されたコメディ映画が、日本人の大野加寿夫監督が脚本を手がけ、メガホンをとる予定の作品であることが分かった。東京出身の大野監督は現在36歳。高校卒業後、アメリカに留学し、米コロンビア大学の映画制作課程に学んだ。在学中の03年に作った短編映画「For Our Man」が米学生アカデミー賞作品賞を含む5つの賞を受賞して注目を集めた。

英エンパイア誌によると、ホフマンが製作と主演を兼ねる本作は、Mr.クラムパッカーという横柄な会社社長(ホフマン)が、突然思い立って人生の意味を探しに出かけるが、物事を内省する能力が欠如しているために巻き起こる騒動を描く。

すでに大野監督とホフマンのコンビでサンダンス・フィルムメーカーズ・ラボ用に短いクリップを撮影済みとのことで、今後ホフマンが積極的に長編映画製作のための資金調達にあたることになるようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi