板尾創路“大喜利”初日挨拶に客席爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月16日 > 板尾創路“大喜利”初日挨拶に客席爆笑
メニュー

板尾創路“大喜利”初日挨拶に客席爆笑

2010年1月16日 19:53

渋谷の劇場では立ち見を出る盛況ぶり「板尾創路の脱獄王」

渋谷の劇場では立ち見を出る盛況ぶり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 板尾創路が監督・主演・脚本を手がけた「板尾創路の脱獄王」が1月16日、全国30スクリーンで封切られた。板尾監督とともに主演を務めた國村隼木村祐一千原せいじは、東京・角川シネマ新宿でトークショー形式の舞台挨拶を行った。

板尾監督らキャストは大阪で舞台挨拶に出席し、その足で同館に駆けつけた。“地元”では板尾監督の両親も来場していたそうで、「大阪は満席でしたが、東京もいっぱい入ってくれて良かった。うちの両親、(映画の感想は)一切ノーコメントでしたわ」と笑いを誘い、安どの表情を浮かべた。

ダブル主演の國村にとって、板尾監督との共演は青山真治監督作「月の砂漠」、NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」以来3度目。初メガホンとは思えない立ち居振る舞いに脱帽しながらも、「最後のシーンは3パターン撮ったんですよ。クランクインから堂々として見事なものだったけれど、最後は迷いが出たみたいだね」と暴露した。板尾監督は、企画当初から國村の起用にこだわっていたといい「“板ちゃんコンピュータ”が弾き出したんでしょうね。台本が完成した段階ではオファーもしていなかったけれど、『これはもう、何が何でもやってもらわなあかん』と思った」と振り返った。

板尾監督は、「ダウンタウン」の松本人志から祝福メールが届いたことも告白。「タイトルが平仮名で『ひとし』だけ。『また面白いもん作っていこうなあ』って文面の後にニコニコマークがついていて、かわいらしかったですねえ」と喜んだ。木村も、韓国・釜山で松本が板尾監督のデビュー作を気にしていたことを明かし「『板尾さんらしい作品ですよ』と言ったら、『板尾らしいのが一番ええなあ』と安心したような顔をしていた」と裏話を披露した。

また、客席からの質問に応える時間も設けられ、「(板尾が演じた)鈴木が無銭飲食で捕まった初犯のときは、何を食べて逃げたのですか?」という問いかけに、板尾監督は「ふかした芋の冷たくなったやつ」。さらに、千原の罪状については「人食いです。どっちもただで食べたから一緒やね」と大喜利をほうふつとさせるやりとりに、場内は爆笑に包まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi