“脱獄王”板尾創路の多才ぶりに、ミニスカほしのあき「素敵」とホレボレ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月25日 > “脱獄王”板尾創路の多才ぶりに、ミニスカほしのあき「素敵」とホレボレ
メニュー

“脱獄王”板尾創路の多才ぶりに、ミニスカほしのあき「素敵」とホレボレ

2009年11月25日 19:57

ミニスカに逮捕されるのなら、脱獄しないかな…「板尾創路の脱獄王」

ミニスカに逮捕されるのなら、脱獄しないかな…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 板尾創路が主演・監督・脚本を手がける映画「板尾創路の脱獄王」の公開記念イベントが11月25日、東京ドームアトラクションに期間限定でオープンした「恐怖!監獄の館」で行われ、板尾と同アトラクションの1日館長に就任したほしのあきが登場した。

同作は昭和初期を舞台に、いかなる状況でも100%脱獄を成功させる男・鈴木(板尾)が、脱獄と再逮捕を繰り返し、いつしか「脱獄王」の名をほしいままにしていく姿を描いたサスペンスアクション。

板尾は、脱獄をテーマにした映画作りについて「もともと『パピヨン』や『大脱走』といった脱獄映画が大好きだった。エンタテインメントの要素が詰まったジャンル」と製作背景を説明。1人3役の活躍には、「自分が(監督として)OKならOKなんで。言葉がいらない分、意外とやりやすかった」。劇中ではアクションにも挑戦したが、「何でもないアクションができないもんですね(笑)。40歳を過ぎると体が動かないし、普通に歩いても足がつります」と苦労を振り返った。

“脱獄王”板尾を逮捕すべく、ミニスカポリス風の衣装で登場したほしのは「本当に面白い映画だった。主演に監督、それに脚本も手がけているなんて板尾さんって素敵だなあって。周りでも板尾さんファンの女の子が多いんです」とその多才ぶりにホレボレした様子。板尾と手錠につながれた状態でアトラクションを体験すると、「人間、怖すぎると笑っちゃうんですね。腰が抜けそう」と吐露。それでも、「男子は気になる女子と一緒に来るべき。一気に距離が縮まるはず」とアピールしていた。

板尾創路の脱獄王」は角川映画配給で、2010年1月16日から東京・角川シネマ新宿ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi