フランス犯罪王の映画、主人公は「ゴルゴ13」にも登場していた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月5日 > フランス犯罪王の映画、主人公は「ゴルゴ13」にも登場していた
メニュー

フランス犯罪王の映画、主人公は「ゴルゴ13」にも登場していた

2009年11月5日 17:28

実はゴルゴともつながりがあった?犯罪王メスリーヌ「千の顔を持つ男」

実はゴルゴともつながりがあった?犯罪王メスリーヌ
(C)さいとう・たかを リイド社刊 SPコミックス47巻より
(C)2008 LA PETITE REINE M6 FILMS REMSTAR NOVO RPI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バンサン・カッセル主演で、実在したフランスの犯罪王ジャック・メスリーヌの生き様を2部作で描いた「ジャック・メスリーヌ/フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男」が、11月7日より2部作同時公開となるが、同作の主人公ジャック・メスリーヌが、あの人気長寿漫画「ゴルゴ13」でもかつて描かれていたことが分かった。

ジャック・メスリーヌは70年代に世間を騒がせたギャング。巧みな変装で「千の顔を持つ男」とも呼ばれ、4回の脱獄と32回の強盗歴があるという男だ。1936年12月28日に生まれ、79年11月2日に射殺されてその生涯を閉じた。映画では女を愛し、仲間を裏切らず、権威や制度を憎んだ男としてのメスリーヌが描かれている。メスリーヌ自身が獄中で執筆した自伝を、「アサルト13 要塞警察」のジャン=フランソワ・リシェ監督が映画化。09年の仏セザール賞で主演男優賞、監督賞ほか計3部門を受賞し、08年の第21回東京国際映画祭でもカッセルが最優秀男優賞を受賞している。

そんなメスリーヌが「ゴルゴ13」に登場しているのは、コミック47巻に収録されている「メスリーヌの猫」。メスリーヌの死後、彼の情婦だったジャヌーが、メスリーヌを裏切った相手の敵打ちをゴルゴに頼むという話(ジャヌーも実在した人物で、映画ではジャンヌという名で、セシル・ドゥ・フランスが演じている)。銃撃されたメスリーヌの姿などが、本物そっくりに描かれている。「ゴルゴ13」作者のさいとう・たかをは、映画について「バンサン・カッセルは好きな俳優の1人だが、今回の“ジャック・メスリーヌ”は見事にはまり役。生き生きと犯罪王メスリーヌを演じている。まさにバンサン・カッセルあっての映画である」とコメントを寄せている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi