松田美由紀「優作を理解するのに20年かかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月24日 > 松田美由紀「優作を理解するのに20年かかった」
メニュー

松田美由紀「優作を理解するのに20年かかった」

2009年10月24日 16:06

スクリーンの中の優作に会いに来て!「SOUL RED 松田優作」

スクリーンの中の優作に会いに来て!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・松田優作の没後20年を記念した公式ドキュメンタリー映画「SOUL RED 松田優作」が10月23日、東京・六本木で開催中の第22回東京国際映画祭の特別招待作品として上映された。

エグゼクティブプロデューサーを務めた妻の松田美由紀御法川修監督は舞台挨拶に立ち、場内を見わたし感無量の面持ち。松田は、「20年前、インタビューで『いつか優作のことを理解できるようになりたい』って答えていました。ああ、やっぱり20年もかかったんだなあ」としみじみと話した。それでも、「私は優作の1番弟子的な感覚を持っている。製作に当たって色々な人を巻き込むのは大変でしたが、ただ本物を伝えたい……それだけの気持ちでやってきました」と場内に語りかけた。

御法川監督は、「優作さんにまつわる書物がたくさん出ていますが、それだけ言葉を尽くしても第3者に輪郭すらつかませない存在なんだということを認識しました」と緊張気味に挨拶。映画化に当たって、松田とは何度も話し合ったそうで「優作さんが人生の仕事として全てを注いだ俳優というものを知ってもらうには、複雑な生い立ちなどは出さず、作品を通して見てもらうことになった」と製作背景を説明した。

クライマックスで長男・龍平と次男・翔太が初めて父について語っているが、撮影中に松田と口論になったそうで「それだけ彼らにとって大きな問題で、すごく核になっていたんだなと痛感しました。最終的に参加してくれて本当に良かった」と笑顔をのぞかせた。

SOUL RED 松田優作」はファントム・フィルム配給で、11月7日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi