志田未来、「小公女セイラ」でいじめられ役も歓迎「前向きな姿見て」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月15日 > 志田未来、「小公女セイラ」でいじめられ役も歓迎「前向きな姿見て」
メニュー

志田未来、「小公女セイラ」でいじめられ役も歓迎「前向きな姿見て」

2009年10月15日 11:22

いじめたくなっちゃうのは愛らしさゆえ?「銭ゲバ」

いじめたくなっちゃうのは愛らしさゆえ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TBS系で10月17日にスタートする新ドラマ「小公女セイラ」の発表会見が14日、横浜市内で行われ、撮影でも使われる洋館の前に、志田、林遣都樋口可南子ら主要キャストと物語の舞台となる女学院の生徒役が勢ぞろいした。原作と同様、主人公への過酷ないじめが見どころで、志田はいじめられ役も歓迎の様子。「つらくても明るく前向きに生きるセイラの姿を見て、頑張ろうと思ってもらえたらうれしい」と意気込んだ。

原作は、アメリカの小説家フランシス・バーネットが1887年に発表した児童文学「小公女セーラ」。日本でも1985年にフジテレビ「世界名作劇場」でアニメ化されるなど世界的に愛されている。ドラマは現代を舞台に再構成。裕福に育ったお嬢様・黒田セイラ(志田)が、父親の死によって突如として貧しくつらい女学院の召使いとされてしまうものの、セイラに心を寄せる学院の下働きの少年(林)らとともに、その明るさと優しさを失わず賢明に生きていく姿を描く。

会見では、志田の“いじめられっぷり”に話題が集中。どんな酷いいじめられ方をした?と聞かれ、志田は「たくさんあるけれど、シカトされたりするのは精神的にきつい」と苦笑い。特に、学院長役の樋口からのいじめが一番厳しいようで、「ビンタはリハーサルではフリだけだったけれど、本番ではバシンときました。終わるまでにやり返すシーンもあったらいいな(笑)」

一方、いじめる側の面々は、遠慮しつつもその役柄にハマりつつあるよう。樋口は「冷たい視線を送るのが快感になってきてるかも。いじめればいじめるほどに未来ちゃんが色っぽい表情をするようになって……。だから、もっといじめたい!」と笑わせていた。

他の主要キャストに田辺誠一大和田伸也黒川智花広岡由里子斉藤由貴。女学院の生徒役は岡本杏理忽那汐里小島藤子ら。脚本はNHK朝ドラ「ちゅらさん」や日テレ「銭ゲバ」などの岡田惠和が手がける。

「小公女セイラ」は、TBS系で10月17日より毎週土曜日夜7時56分放送。初回は夜7時からの拡大版。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi