佐藤浩市、共演者と微妙な距離をキープ。「誰も守ってくれない」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月26日 > 佐藤浩市、共演者と微妙な距離をキープ。「誰も守ってくれない」初日
メニュー

佐藤浩市、共演者と微妙な距離をキープ。「誰も守ってくれない」初日

2009年1月26日 12:00

初日舞台では仲良くくっついて撮影「誰も守ってくれない」

初日舞台では仲良くくっついて撮影
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 容疑者家族の保護をテーマにした社会派ドラマ「誰も守ってくれない」の初日舞台挨拶が1月24日、東京・有楽町の有楽座で行われ、主演の佐藤浩市志田未来松田龍平石田ゆり子佐々木蔵之介佐野史郎木村佳乃柳葉敏郎君塚良一監督が登壇した。

本作は「踊る大捜査線」シリーズの脚本家・君塚良一が、“容疑者家族の保護”に着目し、約10年間にわたり構想を温めてきた意欲作。ある日突然殺人者の妹になってしまった15歳の少女(志田)と彼女を守ることを命じられた刑事(佐藤)の息をのむ逃避行を描き、メガホンも取った君塚監督は、昨年9月にモントリオール世界映画祭最優秀脚本賞を受賞している(グランプリは「おくりびと」)。

今回の出演をきっかけに改めて“人を守ることの意味”について考え直したという佐藤は、「僕にも家族がいて守る立場ですけど、それがいつの間にか“守ってやる”になると怖いなと感じた」とコメント。仕事に生きる同世代の男を演じたことに関しては「同じ40代後半として、地べたに近いところで演じたかった」と役作りを振り返った。


ニヒルな刑事役の松田は実は癒し系?「誰も守ってくれない」

ニヒルな刑事役の松田は実は癒し系?
[拡大画像]

一方、守られる側の少女を演じた志田は「撮影中、佐藤さんとはあまり話す機会がなかった」と語り、理由を聞かれると、「役柄を考えた上で、あまり近づきすぎない距離感をキープしようと思い、あえて話をしなかった」と説明。同僚の刑事役を演じた松田との共演についても「彼ともあまり話していないですね。打ち合わせもしないで、スッーと芝居に入ることができたんで」と、刑事役の両者と距離感を保って演技に臨んだと語った。

なお先日、モデルの太田莉菜との入籍が発覚した松田は、その日結婚に関してもボソボソと言葉が少なめ。木村から「クールな印象とまったく違って、癒し系タイプだと思う」と評されると、照れた表情を浮かべた。

映画「誰も守ってくれない」は公開中。公開日の夜には、映画と同じキャストで“被害者家族の保護”をテーマにしたTVドラマ「誰も守れない」(フジテレビ系)が放送された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi