「誰も守ってくれない」志田未来、年下の英国美少年の歌声にうっとり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月22日 > 「誰も守ってくれない」志田未来、年下の英国美少年の歌声にうっとり
メニュー

「誰も守ってくれない」志田未来、年下の英国美少年の歌声にうっとり

2009年1月22日 12:00

透き通るような歌声とルックスに感嘆「誰も守ってくれない」

透き通るような歌声とルックスに感嘆
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「踊る大捜査線」製作チームによる新作「誰も守ってくれない」(1月24日公開)の主題歌「あなたがいるから」を歌うイギリスのボーイ・ソプラノ・グループ「リベラ(Libera)」が来日。1月21日、東京・キリスト品川教会で行われた同作の試写会で生歌を披露し、舞台挨拶に登壇した主演の佐藤浩市志田未来君塚良一監督らも、その“天使の歌声”に酔いしれた。

誰も守ってくれない」は、兄が殺人事件の容疑者として逮捕されたことで、“殺人容疑者の家族”として世間からバッシングを浴びる少女(志田)と、彼女を守ろうとする刑事(佐藤)の逃避行を描いた社会派ドラマ。


エンジェル・ボイスに傷ついた心が癒される「誰も守ってくれない」

エンジェル・ボイスに傷ついた心が癒される
[拡大画像]

主題歌を歌うリベラは、8~18歳までのボーイ・ソプラノで構成され、熱狂的な女性ファンも多いことから写真集も発売された人気グループで、今回は12~14歳の8名のメンバーが来日。厳かな教会に響き渡る彼らの歌声を聴いた志田は、「きれいな歌声で、私より年下ということにもビックリです。私は音痴だから……」と語り、15歳の演技派女優も英国美少年たちの歌声にうっとりだった。

また、「心に傷を抱え、悩み、苦しむ登場人物たちを許し、癒してくれる歌にしたかった」と、リベラを起用した理由について話した君塚監督も、「透明な歌声が映画を温かく包んでくれている」と満足の表情。これを受けて佐藤も「映画では人間の残酷な部分も描かれるが、最後には人は希望を持たなければいけない、救われなければいけないというメッセージが込められている。それを表しているのがリベラの音楽で、僕も彼らの音楽に救われたように思う」と話していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi