佐藤浩市がほろ酔いで新成人に訓話。「誰も守ってくれない」試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月13日 > 佐藤浩市がほろ酔いで新成人に訓話。「誰も守ってくれない」試写会
メニュー

佐藤浩市がほろ酔いで新成人に訓話。「誰も守ってくれない」試写会

2009年1月13日 12:00

20歳の自分は「不埒な男でした」と浩市「誰も守ってくれない」

20歳の自分は「不埒な男でした」と浩市
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 殺人犯の妹を保護することになった刑事と少女の姿を通して、現代社会の理不尽さを問う「誰も守ってくれない」(君塚良一監督)。1月12日、東京・汐留のスペースFS汐留で“新成人を祝う試写会”が行われ、主演の佐藤浩市がゲストで登場。新成人を祝うため、佐藤にはビールが振る舞われ、ほろ酔い状態でティーチインが行われた。

本作は「踊る大捜査線」シリーズの脚本家・君塚良一が、同シリーズで警察へ取材をする中で“容疑者家族の保護”に着目し、約10年間構想を温めてきた意欲作で、昨年9月に第32回モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞に輝いた。

公開に先立ち、札幌や福岡など全国13カ所を回って試写会に参加し、ティーチインを行ってきた佐藤は、「女性客の方は押し並べて『自分がいつ被害者の親になるか、それとも加害者の親になるか分からない』とおっしゃっていたのが印象的。まさに“今”を象徴してますよね」とコメント。映画では容疑者の妹をマスコミやネット社会から守る刑事役を演じているが「人を守るということは、相手が常に自分の後ろにいるので、つい振り返って確認することを忘れがち。守る自分が“守ってやっている”自分にならないようにしないと」と役柄から学んだことも多かったようだ。

ティーチイン後半では、酔いも手伝ってか「自分がこんなステレオタイプなことを言うオヤジになるとは思わなかったけど(笑)、節目節目で人や作品との出会いに助けられた」と自身の半生をアツく振り返った佐藤。最後は「先輩にしごかれたりもしたけれど、この歳になると、あの時の厳しさは自分にとってはマイナスじゃなかったと思える。僕自身も若い世代に嫌われてもいいから、怒る姿勢を持ちたい」と新成人にアドバイスを送った。

誰も守ってくれない」は1月24日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi