誰も守ってくれない
ホーム > 作品情報 > 映画「誰も守ってくれない」
メニュー

誰も守ってくれない

劇場公開日

解説

大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」の製作チームが、殺人事件の被疑者家族として言われのない社会的制裁を受ける15歳の少女(志田未来)と、彼女の保護を命じられた中年刑事(佐藤浩市)の逃避行をドキュメンタリータッチで描いた社会派サスペンスドラマ。監督・脚本は「MAKOTO」「容疑者 室井慎次」の君塚良一。第32回モントリオール世界映画祭では最優秀脚本賞を受賞した。

スタッフ

監督
脚本
君塚良一
鈴木智
製作
亀山千広
製作統括
杉田成道
島谷能成
プロデューサー
臼井裕詞
種田義彦
撮影
栢野直樹
照明
磯野雅宏
録音
柿澤潔
美術
山口修
装飾
平井浩一
編集
穂垣順之助
音響効果
柴崎憲治
音楽
村松崇継

キャスト

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 118分

受賞歴

第33回 日本アカデミー賞(2010年)

ノミネート
新人俳優賞 志田未来

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ズシリと重くて見応えがある、中年刑事と少女の逃避行
誰も守ってくれないの映画評論・批評

ほとんどの刑事ものは被害者を描いているが、この作品は加害者家族の保護という視点が斬新で、最初から引き込まれた。君塚良一監督はエンタテインメント系の人だと思っていたので、いい意味で裏切られた。誰にとっても生きることは容易でなく、登場人物...誰も守ってくれないの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全24件)
  • 惜しい 題材も俳優も文句なしなのに、俳優のよさが引き出されきれていない気がする。俳優たちの個性が強いためか、登場人物の誰もが中途半端な展開でもったいない。佐藤浩一さんの心の病と今回の事件との関連がいまひ... ...続きを読む

    ぱんだ ぱんださん  2016年10月2日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 容疑者家族のその後 ネタバレ! 被害者家族のその後はよくテレビなどで見るけど容疑者家族のその後には関心を向けたことがなくて… とても胸が苦しくなりました。 今後も「容疑者の妹」というレッテルを背負ったまま生きていくのか…と思う... ...続きを読む

    ミント✩ ミント✩さん  2016年7月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 家族はお互いに守りあわなければならない あっという間の2時間だった。一人の殺人犯のために苦悩する家族。それも加害者家族を取り上げて映画にするといった考えは素晴らしい脚本である。いつも被害者家族を中心に描かれる場合が多いがこの映画は違う... ...続きを読む

    casiopea casiopeaさん  2015年3月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

誰も守ってくれない 誰も守ってくれない 誰も守ってくれない 誰も守ってくれない
誰も守ってくれない 誰も守ってくれない 誰も守ってくれない 誰も守ってくれない
2014年5月25日 2012年8月29日 2013年12月28日 2012年8月29日
¥300 ¥500 ¥432 ¥400
iTunes ビデオマーケット GYAO!ストア U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料

他のユーザーは「誰も守ってくれない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi