「白い巨塔」再び!唐沢寿明主演、山崎豊子原作ドラマ「不毛地帯」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月5日 > 「白い巨塔」再び!唐沢寿明主演、山崎豊子原作ドラマ「不毛地帯」会見
メニュー

「白い巨塔」再び!唐沢寿明主演、山崎豊子原作ドラマ「不毛地帯」会見

2009年10月5日 11:58

唐沢を筆頭に豪華俳優陣が山崎作品に挑む!「不毛地帯」

唐沢を筆頭に豪華俳優陣が山崎作品に挑む!
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビ系で、今月15日からスタートし来年3月まで半年にわたって放送される、フジテレビ開局50周年記念ドラマ「不毛地帯」の発表会見が10月4日、都内で行われた。高視聴率を記録した「白い巨塔」以来、同局6年ぶりとなる作家・山崎豊子原作ドラマに、同ドラマで好演した唐沢寿明が主演。「原作の面白さを損なわないよう、最後までやり遂げる」と長丁場の大役に意気込みを見せた。

不毛地帯」は、書籍売上げ累計512万部を誇る山崎豊子の大ベストセラー小説。終戦後シベリア抑留を経て商社マンに転身し、戦争体験という過去に葛藤を抱きながらも、再びビジネスの舞台で世界に戦いを挑んでゆく主人公・壹岐正(いき・ただし)の生き様に、高度成長期の日本を重ねて描いた超大作。唐沢が壹岐に扮し、海外ロケも織り交ぜ超スケールで完全ドラマ化する。

山崎原作ドラマに再び挑む唐沢は「『白い巨塔』の時に、一度だけ山崎さんにお会いして、ひとこと目に『あんたいい度胸してるわね』って言われた」と苦笑いを浮かべつつ、「今回はお会いしていないけれど、前回と同じくとにかく精一杯やるだけ。出来ることは全てやる」と強い決意。「確かに“重たいドラマ”。でも大丈夫! どの年代にも必ずはまる面白いものになる」と熱くアピールした。


山崎ドラマといえば、やはりこの男「不毛地帯」

山崎ドラマといえば、やはりこの男
(C)文化通信
[拡大画像]

撮影開始間もないが、すでに共演者からの信頼は絶大。壹岐の親友で防衛庁の幹部役を演じる柳葉敏郎が「唐沢くんというキャプテンがいる限り、このチームは最高」と言えば、壹岐が通うクラブの娘役を演じる天海祐希は「グイグイひっぱってくださって、唐沢さんがいるだけで頼もしい気持ちになる」。

さらに、役者の大先輩にあたる橋爪功原田芳雄をはじめ、阿部サダヲ遠藤憲一小雪竹野内豊和久井映見と出席した豪華キャスト全員が、唐沢を全力でバックアップすると約束していた。

不毛地帯」は、フジテレビ系で10月15日より毎週木曜夜10時放送。初回は2時間18分の拡大スペシャル。メインテーマは坂本龍一が手がける。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi