人気アニメ「東のエデン」、ついにスクリーンへ。「総集編」初日が大盛況 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月28日 > 人気アニメ「東のエデン」、ついにスクリーンへ。「総集編」初日が大盛況
メニュー

人気アニメ「東のエデン」、ついにスクリーンへ。「総集編」初日が大盛況

2010年1月26日 13:53

TV版を見逃した人も、総集編から劇場版2部作へ「i & i」

TV版を見逃した人も、総集編から劇場版2部作へ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年4月から6月にかけてフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された人気アニメ「東のエデン」の総集編となる劇場版「東のエデン 総集編/Air Communication」が、9月26日に公開され、東京・池袋のテアトルダイヤでは神山健治監督と声優の木村良平玉川紗己子が舞台挨拶に立った。

「東のエデン」の舞台は近未来の2011年。死傷者がひとりも出なかったことから「迂闊な月曜日」と呼ばれるミサイルテロ事件発生から3カ月後、記憶を失った青年・滝沢朗が、82億円の電子マネーがチャージされた未来型携帯電話「ノブレス携帯」を駆使しながら、失われた記憶と「迂闊な月曜日」の真相を求めていく姿を描く物語。謎が謎を呼ぶ展開が話題となり、深夜帯ながら瞬間最高視聴率5.7%を記録する人気を博した。TVシリーズから半年後の世界を舞台に描く完結編2部作「東のエデン 劇場版I/The King of Eden」が11月28日から、「東のエデン 劇場版II/Paradise Lost」が10年1月9日からそれぞれ公開されることも決定している。

今回の劇場版はTVシリーズ全11話の総集編だが、神山監督曰く「ただのダイジェストではつまらないので、TVで描いた8日間の物語を登場人物が振り返るかたちにした」というもので、新規にアフレコも慣行。今後の劇場版2部作に向け、「ファンの方がもう一度(TV版を)振り返り、劇場版を楽しむための前振りになってもらえれば」と語った。

同作の製作委員会に名を連ねるアスミック・エースの配給で、東京のテアトル新宿、テアトルダイヤ、大阪のテアトル梅田の3館でレイトショーが中心という限定された公開形態だが、初日の新宿は立ち見の出る盛況ぶりで、池袋も144席のチケットが発売から5分足らずで売り切れた。同じようにテアトル新宿のレイトショーを中心に公開され、同館の動員記録を打ち立てたアニメ「空の境界」のような濃密な興行展開を目指したいという。なお、「劇場版I」「劇場版II」は現在のところ7館程度での封切りを予定しているとのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi