ベネチア映画祭開幕。審査員長アン・リーの好みとは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月3日 > ベネチア映画祭開幕。審査員長アン・リーの好みとは?
メニュー

ベネチア映画祭開幕。審査員長アン・リーの好みとは?

2009年9月3日 12:00

トルナトーレ監督がベネチアに登場!「鉄男」

トルナトーレ監督がベネチアに登場!
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第66回を迎えたベネチア国際映画祭が9月2日、開幕した。オープニング作品はイタリアの巨匠、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の「Baaria(バーリア)」。監督の生まれ故郷であるシチリアの村を舞台に、3世代の家族の物語を描いた、久々の叙事詩的大作。第2次大戦とコミュニズム台頭の激動の時代に翻弄され、政治的大志を抱きながらも夢破れる主人公の姿を通して、家族のヒューマンな絆を描く。モニカ・ベルッチがカメオ役で出演。音楽をエンニオ・モリコーネが担当しているのも話題だ。

映画祭序盤の注目作は、ビゴ・モーテンセンシャーリーズ・セロンが共演するジョン・ヒルコート監督の「The Road」、トッド・ソロンズ監督の「Life During Wartime」、ベルナー・ヘルツォーク監督がニコラス・ケイジ主演でリメイクした「Bad Lieutenant: Port of call New Orleans」など。

今年のコンペ作品中、もっとも話題を集めそうなのは何と言ってもマイケル・ムーア監督の新作「Capitalism: A Love Story」だ。他にはジョージ・A・ロメロ監督の「Survival of the Dead」、日本映画で唯一コンペ入りを果たした塚本晋也監督の「TETSUO THE BULLET MAN」も忘れられない。念願の「鉄男」シリーズの最終編となる作品を完成させた塚本監督はイタリアにカルトファンが多いだけに、期待がかかるところだ。

招待作には、りんたろう監督のアニメーション「よなよなペンギン」、スティーブン・ソダーバーグ監督、マット・デイモン主演の「The Informant!」やジョージ・クルーニーユアン・マクレガー共演の「The Men Who Stare at Goats」などもある。デイモンとクルーニーはともにベネチア参加が予定されており、オーシャンズ仲間の再会となりそう。

今年の審査員メンバーは団長のアン・リーを筆頭に、サンドリーヌ・ボネールリリアーナ・カバーニセルゲイ・ボドロフらかなりの映画通が顔を揃えただけに、どんな作品に軍配があがるのか、見ものである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi