塚本晋也監督「TETSUO」、日本映画唯一のベネチア映画祭コンペ入り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月30日 > 塚本晋也監督「TETSUO」、日本映画唯一のベネチア映画祭コンペ入り
メニュー

塚本晋也監督「TETSUO」、日本映画唯一のベネチア映画祭コンペ入り

2009年7月30日 12:00

ベネチア映画祭で念願のコンペ入り!「六月の蛇」

ベネチア映画祭で念願のコンペ入り!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先日、米サンディエゴのコミコン2009で製作発表が行われた塚本晋也監督の最新作「TETSUO THE BULLET MAN」(10年公開)が、9月2日から開催される第66回ベネチア国際映画祭で、日本映画で唯一、コンペティション部門に出品されることが決定した。塚本監督と主演のエリック・ボジック、桃生亜希子が現地入りする予定だという。

塚本監督とベネチア映画祭は縁が深く、02年「六月の蛇」でコントロ・コレンテ部門審査員特別賞を受賞。98年「BULLET BALLET バレット・バレエ」、00年「双生児」、04年「ヴィタール」が特別招待作品として上映されているほか、97年、05年には審査員としても参加しているが、コンペティション部門への出品は今回が初めて。日本映画では過去に黒澤明監督の「羅生門」(50)、稲垣浩監督の「無法松の一生」(58)、北野武監督の「HANA-BI」(97)の3作が最高賞となる金獅子賞を受賞している。

塚本監督は、「伝統のベネチア映画祭コンペ入り。信じられません」と喜びを隠さない。「ベネチア映画祭にはずいぶん作品と共に呼んでいただき、審査員もやらせていただいた。でもコンペ部門にはまだ入ったことはない。いつかそんな日がくればいいとは思っていたが、まさか『TETSUO THE BULLET MAN』でその願いが叶うとは夢にも思っていなかった」

「TETSUO THE BULLET MAN」は、塚本監督の代表作「鉄男」(89)を新たに蘇らせる新作で、海外展開を視野に入れ全編英語で撮影されている。すでに撮影は終了しており、ベネチア映画祭がワールドプレミアとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi