ブルース・リーの伝記映画3部作を遺族が製作。主演俳優は誰に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月22日 > ブルース・リーの伝記映画3部作を遺族が製作。主演俳優は誰に?
メニュー

ブルース・リーの伝記映画3部作を遺族が製作。主演俳優は誰に?

2009年7月22日 12:00

リー役は誰に演じて欲しい?「愛人 ラマン」

リー役は誰に演じて欲しい?
Photo:PELE COLL/STILLS/Gamma/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 73年に32歳で急逝した香港出身のカンフー界のスーパースター、ブルース・リーの遺族が、3部作からなる伝記映画「ブルース・リー」の製作を発表した。米バラエティ誌が報じた。

リーの36回目の命日にあたる7月20日に北京で行われた記者会見には、ブルースの弟ロバートと姉フィービーが、製作する中国のJ.A.メディアの関係者と共に出席。「これまでブルース・リーに関する多くの書籍や映画で語られてきたことのなかには、事実に反するものも多い」として、今回の映画がまさに決定版となることを宣言した。

3部作のうち、10代のリーに焦点を当てる第1部については、リー生誕70周年にあたる2010年11月27日の公開がすでに決定している。今年10月にはクランクインするとのことだが、現在のところ、リーの父親役に「愛人/ラマン」「エレクション」のレオン・カーフェイが決まっている以外、キャストは未定。監督も明らかになっていないが、かねてからチャン・イーモウがリーの伝記映画への興味を示していることが伝えられている。

なお、プロデュースを、「再見〈ツァイツェン〉/また逢う日まで」(01)の製作総指揮にあたったほか、監督・脚本家・俳優としても知られる才人マンフレッド・ウォンリー・チェンが手がける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi