レオナルド・ディカプリオ製作の映画版「トワイライト・ゾーン」が始動! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月21日 > レオナルド・ディカプリオ製作の映画版「トワイライト・ゾーン」が始動!
メニュー

レオナルド・ディカプリオ製作の映画版「トワイライト・ゾーン」が始動!

2009年7月21日 12:00

ディカプリオの出演は?「ノイズ」

ディカプリオの出演は?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが進めている、往年のSFドラマシリーズ「トワイライト・ゾーン」の映画化プロジェクトの脚本家が決定したと、米バラエティ誌が報じた。昨年7月に製作が発表されて以来、動きがなかった本作だが、いよいよ本格的に始動したようだ。

今回、脚本家に起用されたのは、ジョニー・デップ主演のSFスリラー「ノイズ」(99)の監督・脚本を務めたランド・ラビッチ。米NBCの警察ドラマ「ライフ」のクリエイターとしても知られている。

ロッド・サーリングが脚本を手がけ、59年から64年にかけて米CBSで放映されたオリジナルの「トワイライト・ゾーン」には、「人類に供す(To Serve Man)」や「みにくい顔(Eye of the Beholder)」など数々の名作を含めた約156エピソードもの財産があるが、ワーナーがその権利を所有している。

なお同シリーズは、83年にも、ジョン・ランディスジョー・ダンテジョージ・ミラースティーブン・スピルバーグという当時上り調子にあった若手監督を起用したオムニバス映画「トワイライトゾーン/超次元の体験」として映画化されたことがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi